ソフトウェアを無料で開発

パソコン向けのソフトウェア、あるいはスマートフォン向けのアプリなど、パソコン一台あれば開発用の環境は無料で揃えることが可能です。

基本的にプログラムというものはテキストでプログラミング言語の文法に従って書き、コンパイラと呼ばれるツールでパソコンやスマートフォンなどそれぞれの機種に応じた実行形式に変換されます。



この時にエラーが発生したらプログラムを修正してまたコンパイラに通しての繰り返しでソフトウェアを完成に近づけていきます。しかし、プログラムの規模が大きくなるとファイルの数が増えたり、プログラムの行数が長くなって管理しきれなくなってしまいます。そのために、IDE(統合開発環境)というソフトウェアが生まれました。


IDEはテキストエディタ、プログラムファイルの一覧表示、エラー箇所の色つき表示などひとつのソフトウェアにプログラムを開発するための便利な機能をまとめたものです。


このIDEには様々なメーカー、非営利団体が作成したものがあり、有料でチーム開発をサポートするなどの特別な機能を持つものや、その機能を制限した無料バージョン、様々なOSに対応したオープンソースのアプリケーションなど様々なものが存在します。

Nutanixに関する最新情報はこちらです。

もちろん無料だから有料に劣るということも無く、企業のシステム開発プロジェクトでも無料のIDEが普通に使われています。
また、IDEによっては複数のプログラミング言語をサポートするものもあり、プロジェクトで使用する言語が変わっても同じ感覚で開発できるといったメリットを持つものもあります。

エキサイトニュースサイトで情報を入手してみて下さい。