ソフトウェア開発におけるプロジェクト管理

ソフトウェアの作成は、そのソフトウェアの規模が大きければ大きいほど、骨の折れる仕事となります。


高機能かつ複雑なソフトを納期通りに完成させるためには、プロジェクトマネージャの指揮のもと、様々な対象を注意深く管理していかなければなりません。

プロジェクトマネジメントとしては、プロジェクトマネジメント協会が策定したプロジェクトマネジメントの知識体系であるPMBOK(Project Management Body of Knowledge)が、デファクトスタンダートとなっており、これに基づいたプロジェクト管理が行われることが多々あります。ソフトウェア開発においては、「PMBOKソフトウェア拡張版」にその手法が詳しく述べられています。

PMBOKでは、プロジェクトを10つの知識領域、すなわち「統合管理、スコープ管理、スケジュール管理、コスト管理、品質管理、人的資源管理、コミュニケーション管理、リスク管理、調達管理、ステークホルダー管理」に分けています。



そして、それぞれの領域を5つのプロセス、すなわち「立ち上げ、計画、実行、管理、終結」に分けています。

OKWave関する情報選びの耳よりな情報を公開しています。

さらに、各プロセスは3つのパート、すなわち「入力、ツールと実践技法、出力」に分けられます。


このように、プロジェクトを構造化し、プロジェクトメンバと共有することで、大規模なソフトウェア開発でも合理的に進めていくことができます。

ニュータニックスに関する情報満載です。

この管理をどの程度厳格に実施するかは、プロジェクトマネージャの腕の見せどころとなります。